東京でにきび跡のへこみを改善できる治療を受けた

にきびを抑える効果がある治療方法

クリニックでは、まずにきびを抑える効果がある治療方法とへこみを改善するための治療をいくつか提案されたのを覚えています。
そうすることで皮膚のターンオーバーを整えて、へこみなどが出来にくい健康な肌にすることが出来るからです。
へこみは所謂「クレーター」という、にきびの炎症が皮膚の真皮深層まで達してしまい、それが治癒した後にクレーター状になった状態のことを言います。
これを改善するためには、専門家の知識と治療が必要です。
クレーターになってしまうと皮膚が硬くなってしまう場合もあるので、元の状態に戻すのは少し困難になるそうです。
軽症ならケミカルピーリングなどの治療で症状の改善が期待出来るということなので、気になるときは早めにクリニックへ相談すると良いです。
わたしはケミカルピーリングで改善することが出来たので良かったのですが、重症化したにきびの跡だと、レーザー治療を受ける必要があるので大変です。
こまめにケアをして、しっかりとにきびや毛穴の炎症が起きないようにしたいと思いました。
ケミカルピーリングやレーザー治療以外にも、LED治療やイオン導入、ダーマペンという治療方法があるので、それぞれの診察とその後の判断によって治療方法は変わると考えていいでしょう。

ニキビ跡が気になっていたにきびを抑える効果がある治療方法こまめに美容皮膚科へ通いたいな